デリヘル嬢なら全員がうなずく風俗あるある

デリヘルで楽しく遊ぶためにも知っていればどこかで役立つ、風俗業界で働く女の子の「あるあるネタ」をまとめてみました

*

千葉のデリヘル業界のあるあるネタ

日頃から千葉のデリヘル嬢と話しをする機会が多いので、そんな中からよく聞く話をまとめてみたいと思います。

風俗に限らずあるあるネタは存在すると思いますが、こと風俗に関しては笑えないことも多いようです。みなさんも、これはなんて思いあたることもあるんじゃないでしょうか。

お店に関しては、

☆パネルと本人が違いすぎる

いわゆるパネマジというやつです、最近の加工技術といったら凄いのなんの、ちょちょいのちょいで別人に早変わりです。あぁ怖い!。悪質なお店は違いすぎる以前に別人が来ます。いわゆる振り替えというやつです。千葉にもいまだにそういうデリヘル店、あるみたいです。

☆外国人系のお店は本人の写真を使っていない

中国、韓国、ブロンドなどの女の子のいるお店は、ほぼ全てが写真は別人である。女優さんや海外のモデルさんなどの写真を勝手に使ってるようです。店によってはパソコンのソフトを使って切り貼りして使っているので、背景がズレることなく全て一緒という違和感のある在籍一覧になっているはず。

☆フリーで頼むとハズレが多い

千葉のデリヘル店も女の子に仕事をまわすのに必死なんです、フリーでオーダーするお客さまは神様です。当然ながらなかなか指名が付かない子をあてがいます。人気があまりない子がほとんどなのでハズレと感じることが多いのでしょう。指名料はケチらずに!

☆巨乳を頼むとデブ率が高い

そうなんです、おっぱいも大きいけど腹回りも大きいんです。細身でFカップなんて奇跡に近いです。グラビアアイドルやAV女優なんかでもそうなんですけどねw

☆年齢、スリーサイズのサバよみ

これはもうあるあるではなくて常識です。年齢は良心的なお店で2~3才、すごい人妻店だと一回り以上なんてところも・・・。スリーサイズにいたっては実際に計ってるお店はほとんどないでしょう。

☆チェンジ・キャンセル不可のお店は地雷率が高い

チェンジやキャンセルを認めていたら仕事にならないくらいレベルが低い女の子ばかりしか居ないということなんでしょうか。

☆店員が先にお金を受け取りに来るお店は振り替え店が多い

これもキャンセル防止のために昔からある手法です。今どきはかなり少なくなって来ているようですが、千葉でも地方のデリヘルなんかではまだあるみたいです。

人肌が恋しくなったら千葉デリヘル情報 デリノートが便利ですよ。

ちなみに、地域独特なあるあるなんかもありますよ。これがまた面白いんですね。
特に千葉のデリヘルにはお隣の県からも女の子が働きに来るため、ちょっとしたお国自慢が始まると収拾がつかなくなるほどになってくるほどだったりもします。なかでも「チバラギ」ネタにはお互い闘志をメラメラとたぎらせるようです。
ウィキペディアにものるほど国民の知名度は比較的高くなってきたのだらいいのではないか?とは思うのですが、外野としてはただ見ているだけで面白いです。

☆マックスコーヒーはおらがもの!
皆さんは缶コーヒーお好きでしょうか。現在、大手コカコーラがジョージアのマックスコーヒーとして扱っている黄色いボディーが目にも鮮やかな甘みの強いコーヒー飲料なのですが、以前はチバラギ(千葉、茨城、栃木)で限定販売していたものなのです。
その為一度缶コーヒーの話題になろうもんなら、当然マックスコーヒー(通称マッカン)はどこのローカル商品かという大討論会が始まるわけです。
最終的には、何県出身のだれが一番マッカンを愛しているかというところにまで発展するのですがさらにヒートアップしそうな頃にうまいこと送迎の時間が訪れるのです。
彼女たちの熱の熱さというものは、いちスタッフとしてはヒヤヒヤものです。

☆新たなる銘菓
どの地域にもその地独特なお土産や銘菓なんてものがありますよね。じつはチバラギ県にもあるんです!
・・・というのはネタですが、「ちばらぎ」というお菓子が実際にあるんです。こちらの商品は以前から県と県の交流が盛んだったことから2つの地名からなる名前になったとか。
女の子同士闘志を燃やしたり、いがみ合ってないでお互い手を取り合っていいものを作っていきましょうよ、という非常に心温まる菓子であることには間違いなさそうですね。
ぜひ千葉のデリヘルにもこういった心の優しい女の子の愛でこれからも温まりますように。

これら以外にも沢山ありそうなので思いついたら、また書いてみますね。

公開日:
最終更新日:2016/05/20